このページの先頭です

イマークsで痩せるのか?EPAは内臓脂肪にも効果ありです

414views

投稿日:

あなたはメタボ体型を改善したいですか?

そうですよね・・

40代って思った以上にモテる人が多い。

(お金があるのが前提だけど・・
なくてもそれなりに楽しめるかな~)

既婚で、人生の酸いも甘いもそれなりに経験して
余裕がある・・

ただ、問題は見た目。

「人は見た目が100%」なんていうドラマも
ありましたが、見た目がいいほうが有利なのは
誰もが分かっている。

心理学になりますが「初頭効果」って
ご存知でしょうか?

心理学者のS.E.アッシュ氏が1946年に
明らかにしたものです。

「最初に示されたものが、印象を決定する」
という法則。

簡単にご説明すると・・

人やモノの印象は最初に得られる情報が基本で、
あとから入る情報はほとんどそれに合わせて
解釈されるということです。

例えば、初めて合う人とあなたが例え伊達メガネ
だったとしてもメガネをかけていたら
「あの人はメガネをかけていた」ということになります。

何が言いたいのか?

第一印象がデブだから無理だと言いたいのか?

決してそうではございません。

これを逆に応用してやりましょう。

「あんなに太っていたのにいつの間に痩せたの・・」

ってかなりポイント高いです・・
経験者の僕が言うので間違いありません。

今まで嫌われてないようなら尚更、
楽しいひと時を過ごせることでしょう・・

だからって不倫はいけませんよ!

かなり話が脱線してしまい申し訳ございません。
ここから本題に入りたいと思います。

イマークSで中性脂肪値を下げるだけでなく、
痩せることができるかについてですが、

結論から申し上げると確率は非常に高くなります。

これからその理由についてご説明致します。

血中の脂肪酸バランスというのがありまして、
特にオメガ3系とオメガ6系の割合がございます。

理想はオメガ3が1に対してオメガ6が4。

ちなみにオメガ3はEPAやDHA、α-リノレン酸
オメガ6はリノール酸、アラキドン酸です。

オメガ3は主に青魚に多く含まれ、
オメガ6はサラダ油や肉類に多く含まれます。

何がいいたいのかというと、実はオメガ3と6の
割合ってかなり酷い・・

1対10、もしくは1対50、魚を全然食べない人なら
1対100なんて言われている・・

それくらいバランスが偏っているのです。
オメガ6「ゼロ」にするくらいの気持ちで
いかなと1対4なんて到底無理・・

でですね、オメガ6が血中に多くなると
どうなるかというと・・

血液中のコレステロールを減らす働きはありますが、
減らすのはHDLコレステロール、そうです、
善玉コレステロールを減らしてしまいます。

あなたの血中に中性脂肪値が高いのはこれが理由。

そしてオメガ6は取りすぎると細胞に炎症を起こします。

本来、人間の体というのは体脂肪が増えると
勝手に代謝を上げて痩せやすくする機能が備わっています。

そのためにはホルモンが働ける環境にないといけません。

オメガ6のとり過ぎにより細胞に炎症が起こっている状況で
いくらホルモンが分泌されたとしても上手く機能しません。

しかし、イマークSを1日1本飲み続け、オメガ6の摂取を
控えるようにすれば、細胞の炎症が改善され、
ホルモンが存分に働ける環境が整います。

そうすれば代謝がよくなり体脂肪は燃焼する・・

その先は言うまでもないですよね!

イマークSで痩せる・・脂肪酸のバランスが改善することで
体本来の機能が働き、増えた体脂肪が燃焼される。

私達の体はよくできているのです!

あ、そうそう、最低でも3ヶ月は飲み続けて下さいね~!
なぜなら我々の細胞は3ヶ月で全て入れ替わるからです。

頑張りましょう!渋くて余裕のある男を目指して!
応援していますよ~。