このページの先頭です

イマークsは高血圧にも有効 手遅れになる前に対処が必要

360views

投稿日:

ありがとうございます。
僕のページにご興味を持って頂けたようですね。

実は、僕もメタボでした。
ですからあなたの悩みは手に取るように分かります。

あなたは、血圧が高いのが悩みですよね?
おまけに中性脂肪値も・・

実は、全てリンクされています。
ていうか、中性脂肪値が高いのが原因の一つです。

中性脂肪値も高く高血圧ということなら
動脈硬化が進んでいる可能性がありますので
注意が必要!

情報収集と同時に行動しましょう。
中性脂肪値を下げる努力を!

高血圧をそのまま放置しておくと
あなたもご存知だと思いますがヤバイです。

内蔵脂肪の蓄積により、脂肪細胞から血圧を
上げるように働くホルモンが分泌されます。

また、肥満により体の体積が大きくなることで、
血液量が増え、心臓は多量の血液を送り出すために
血圧が上がってしまう・・・

高血圧が続くと、圧力により血管が硬くなり、
もろくなったりして動脈硬化が進行。

動脈硬化により血管が狭くなると、
血流を保つためにさらに血圧が高くなるという
悪循環を招いてしまうのです。

さらに怖いのが「自覚症状」がないこと!

高血圧の人に起こりやすいのは、
脳の細い血管が狭くなって詰まる「脳梗塞」や、
脳の血管が破れる「脳出血」です。

ある日突然、脳梗塞と診断され会社を長期休暇、
もしくは退社された仲間だったり知人だったりを
ご存知だと思います。

それらを目撃したあなたは「他人事」だと
その時は思われたことでしょう。

しかし、現在のあなたは「当事者」になる可能性が
あるということです。

「俺は大丈夫」だなんて思わないで下さい。

1時間後に病気が発症するかもしれないし、
明日かもしれない。

サイレントキラーと呼ばれる高血圧症ですから
ある日突然発症し、取り返しのつかない状況に
追い込まれてからでは手遅れです。

ですから、まだ、動けるうちに
手をうつことをご検討下さい。

ちょっと前置きが長くなりましたが、
イマークsが高血圧に効果があるかどうかですが、

結論から申し上げると効果は期待できます。

高血圧は動脈硬化が原因だとお伝えしました。
動脈硬化は血中脂質のバランスが崩れているために
起こりますのでバランスを整える必要があるわけです。

内蔵脂肪が増えることで肝臓で中性脂肪が
たくさん作られ、HDLが減って小粒子のLDLが増える。

すると血管の壁にコレステロールが入り込み、
コレステロールの塊ができやすくなり血管が細くなる。

血管が細くなると血流が悪くなるので、
血圧を上げないと血液が隅々まで行き渡らないので
どんどん圧力が高くなる⇒高血圧になるわけです。

ですから、血中の中性脂肪値を下げることができれば
コレステロールの塊はできにくくなるので、
高血圧の改善が期待できるのです。

イマークsの主成分であるEPAは血中中性脂肪値を
下げる効果が臨床試験で証明されています。

まずは、3ヶ月を目標に取り組まれていかがですか。

くどいようですが、病気が発症してからでは
遅いのが生活習慣病です。

それだけは忘れないで下さいね!