このページの先頭です

イマークsで糖尿病を阻止 EPAで血中脂肪を低減すべき

18views

投稿日:

糖尿病は怖いですよ・・

初期は自覚症状がありませんが、
進行すると、倦怠感や体重の減少、
尿量の増加、喉の渇きなどが現れる。

そして、高血糖が慢性的に続くと、
全身の血管がダメージを受けます。

細い血管が障害されると、
失明につながる「糖尿病網膜症」や、

壊疽により脚を切断する危険性のある
「糖尿病神経障害」、

腎不全をまねく「糖尿病腎症」といった
3大合併症が起こる。

太い血管が障害されると「心筋梗塞」などの
命に関わる病気が起こる

・・・と、まあ、とにかく洒落にならない。

さて、冒頭、怖がらせるような
内容で申し訳ございません。

しかし、これは事実です。

脅かしているわけじゃありません。
血糖値が高い状態を放っておいたら
確実に糖尿病になるということです。

糖尿病になったらどうでしょうか?

発症したら最後、自力で治すのは難しい。
インスリン注射を打っている人を
見かけたことありますよね?

あなたもそうなるのを想像できますか?

想像できなくてもその日は
ある日突然なんの前触れもなく訪れます。

「俺は大丈夫」なんて強がっても無駄です。

人生には上り坂・下り坂あるのは
ご存知でしょうけど、もうひとつの坂がある。

それは「ま坂」です。

これだけは防ぎようがありませんが、
確率を低くする方法はございます。

その方法とはとっても簡単です。
怒らないでくださいよ・・

確率を低くする方法とは・・
「血糖値を下げる」こと。

「下がらないから悩んでんだよ!」

申し訳ございません。そうですよね?

だから僕のページにご興味を
持って頂いたこと失念していました。

失礼しました。

では、ここからが本題・・
(本題が始まるまでが長すぎるわ!)

イマークsの主要成分はEPAです。
EPAは血中中性脂肪値を下げる効果がある。

イマークsを使った臨床試験でも実証済み。

では、なぜ中性脂肪値があがるのかというと、
内蔵脂肪が増えることで大量の遊離脂肪酸が
血管に流れ込み、中性脂肪が合成されるから。

それと同時に、インスリン感受性を
低下させてしまいます。

血液中に取り込まれた糖質が代謝されない
ということなんです。

しかし、イマークsを飲んで中性脂肪値が
下がるということは、遊離脂肪酸の
減少を意味するわけです。

ですから、インスリンの感受性も高まり、
糖質は代謝されエネルギーとして
全身に行き渡ります。

もちろん、過度な糖質の摂取は控えて下さい。
内臓脂肪が増える原因になりますので。

それと適度な運動・・

ストレッチ程度でいいので血流の流れが
良くなるよう体を動かす癖を付けましょうね・・

それと、イマークsは3ヶ月は継続して
飲むことをご検討下さい。

脂肪にまみれたあなたの体が
新しい細胞に入れ替わるまでに
3ヶ月程度必要になるからです・・

というわけで、このページで
お伝えしたいことは以上になります。

ご精読ありがとうございました。